前へ
次へ

商品が異なれば健康食品の中身も異なる

健康食品の中にはサプリメントとして見た目も薬のようになっているものがあります。
カプセルタイプやタブレットタイプ、水や牛乳に溶かして飲むなど利用方法も薬に非常に近いです。
サプリメントの中でも多いのが栄養成分を商品名にしているものでしょう。
ビタミンCを摂取するためのもの、カルシウムを摂取するためのものなどと書かれていて、それらが不足していると感じている人が食べると良いようです。
ドラッグストアに行ってみると、同じ商品でも多くのメーカーから色々な健康食品が販売されているのがわかります。
メーカーが異なれば量も異なり値段も異なります。
節約志向の人ならグラム単位の価格を計算して最もお得な商品を買えばいいと考えるかもしれません。
まずは商品が異なればいくら商品名が同じでも中身は異なります。
ビタミンCを補給するものでもすべてがビタミンCであることはなく、それ以外にもいろいろなものが入っています。
その他ビタミンCを吸収しやすくする成分が含まれているかなどもチェックして利用した方が良いでしょう。

Page Top