前へ
次へ

健康食品はたくさん食べても問題はないか

市販薬のパッケージを見ると用法を守って服用するようにと書かれています。
大人と子供で分けられていて、大人なら毎食後2錠ずつなどと示してくれています。
病状がひどい時や治りにくい時はたくさん飲んで早く治したいと考えるかも知れませんが、それは非常に危険です。
薬には副作用があり副作用が強く出てしまう可能性があります。
また病気を治す成分が多く体内に入ることで他の異常を発生させる可能性があり、たくさん飲む行為は避けなければいけません。
では健康食品はたくさん食べても問題ないかですが、食品なので薬のような制限は特にありません。
でも一般の食品でも食べすぎると体調を壊すなどがあり健康食品もむやみに食べすぎるのは良くありません。
栄養成分が一般の食品に比べると多く入っているものが多く、食べ過ぎによって通常の食品ではありえない量の栄養成分が体内に入る時があり、それが体に異常を発生させる原因になるときもあります。
沢山食べたから健康効果がその分上がるわけではないことも知っておきましょう。

Page Top