前へ
次へ

腹八分目に抑えるのが健康食の基本です

暴飲暴食をすれば身体に悪いのは誰もが知っているでしょう。
どんなに健康に良い食材であっても、過剰に食べていればデメリットのほうが大きくなります。
それぞれの食材や栄養素には適量が存在しており、過剰に摂取をしていいわけではありません。
健康食に明確な決まりはありませんが、腹八分目が要になるのは確かです。
もうちょっと食べたいと思うくらいでやめるのが健康維持の基本だと考えてください。
食生活とはカロリーを満たすためだけの行為ではなく、カロリーと栄養素をバランスよく補給するのが目的です。
食べすぎは胃腸に負担を与えてしまうので、肝心の基礎代謝を低下させる問題があります。
代謝がうまく行われなくなると、カロリーが非常に溜まりやすい状態になるわけです。
健康食を意識するためには、まずは適量を食べることを徹底してください。
体重や血中脂質が上昇している状態にあるなら、食べすぎていると考えられます。
健康診断の数値も踏まえながら、自分にとっての健康食を確立させてください。

Page Top